« Back to the Future | Main | 悔しいと思える幸せ »

2017.03.18

私を野球に連れてって

WBCが始まって、やっぱり野球は面白いなぁと思いつつ・・・試合時間に関して、改めて考えさせられている。
それに呼応する訳でも無い(笑)けれど、以下の記事を見かけた。

・【WBC】せめて18時開始にすべきでは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000165-sph-base&pos=1

試合時間が長くなっている理由としては、記事にある通りで、球数制限による投手交代にある事は、全く同意見だ。
球数制限は、投手の故障を出来るだけ防ごうとしている理由が一番大きいと思うけれど、その為に投手交代は増えざるを得ない。
加えて、何よりも問題なのは、投手交代が増えるという事は、それだけチームに戦力として計算出来る投手を揃える必要がある、という点だ。

例えば、2次ラウンドでの日本代表vsオランダ代表は、16人(9人:7人)もの投手が登板している訳だけれど、代表レベルの投手とは言え、力の上下は確実にあるし、その日の調子までは分からない。
その意味からすれば、投手交代をキッカケに失点する可能性は、確実にある・・・好投していた投手を交代する事で、それまで抑えられていた(相手)打線に活気が出る事もある。

当然だけれど、そのような事になれば、試合時間はより必要になる。
記事にある「采配も慎重に」とは、このケースに相当する話だろうし、走者が出れば牽制の為の時間も必然的に発生(牽制球を投げて、改めてサイン交換を行う事は、野球の中で時間のかかる行為の1つだ)する・・・失点すれば、更なる投手交代も必要になる。

実際に、この試合で最終的に0時近くまで戦う事になった(=試合がもつれた)のは、これらが複合的にもたらした結果だろう。
このように、継投の難しさに関しては改めて書くまでも無い程だけれど・・・逆に言えば、それを前提にしたルールである以上、このような結果になるのは当たり前の話と言えると思う。

但し、だからと言って、記事にあるような、
「野球ファンだけではなく、野球離れが進んでいる子供達の関心を少しでも呼び戻すため(18時開始にした方が良い)」
という視点は、違うかなと思う。
と言うより、むしろ逆の話だと思っているからだ。

実際に日本代表の試合は、この時間からしか行われない事からも分かる(注1)けれど・・・19時開始になっている理由としては、TV中継を含めた観戦の為だと思う。
言うまでも無いけれど、今の御時世で18時に開始されたら、平日に観戦するのは、かなり難しくなる・・・昔はともかく、会社が終わるのは普通に19時な所がほとんど(サラリーマンは特に)だからだ。

19時に残業せずに会社が終わって、球場に駆けつけたり、家に帰ったり・・・ザックリと1時間程度(東京の場合、更に時間がかかる人もいるだろう)と考えれば、今回の試合時間に沿って言えば、大体2~3回になっているといった所だろうから、1時間の違いだけで、かなり差が出てしまう。
(ワンセグ等、手元で視聴出来る現在は、普通に最初から試合展開を追う事はたやすいから、後は続きを楽しむ形になると思う)

野球への(子供達の)関心を呼び戻すとあるけれど、お父さん・お母さんの協力は不可欠だろう・・・球場観戦なら、尚更だ。
結局、見る側に無理をさせない時間割にする事で、ちゃんと試合を追えるようにするのが、結果的に野球の面白さを伝える事に繋がるのではないかな、と思う。

加えて言えば、試合時間が長くなっているのは、ここで書いてきたように、あくまでもこのWBCという大会のルールにおける問題でしか無い。
試合時間の長さと試合開始時間は別・・・どちらを優先させるかの視点で考えるべき話で、セットで考える話では無いと思う。
試合が面白ければ、何時間かかろうがファンは観ていたいと思うはずで、逆に途中からスポーツを観る事で、面白みを削ぐ必要は無いはずだ。
(その意味では、プロ野球の開始時間も19時からで良いのでは?とすら、今は思っている)

実際に、観客動員数や視聴率含めて、かなり盛り上がっているようだ・・・考えて見れば、ここまでしっかりTV放送してくれる事は、基本的に地上波ではあり得ない。
WBCならではと言える話だけれど、野球というスポーツが、やり方によって非常に強力なコンテンツになり得る証明になるだろうと思う。

但し・・・日曜の試合だけは、17時開始とかでも良いと思う。
先に書いた日本代表vsオランダ代表戦は、日曜(3/10)に行われた・・・僕はTV観戦組だったけれど、明日から会社の人(現地観戦組)は大変だなぁと思っていた。(笑)

それにしても、日本代表はホントに良い戦いをしている。
特に、2次ラウンドに入ってからの3戦(対オランダ・キューバ・イスラエル代表)に関しては、戦いながら成長やチームがまとまっていく様が見て取れる・・・下馬評が高くなかったチームなだけに、尚更そう感じる部分もあるだろう。
盛り上がっている理由は、そこにもあると思う。

野球と言うコンテンツの素晴らしさを改めて感じられて、本当に野球が好きで良かったなぁと思っている。
後2試合・・・何だかんだ言いながらも、ちゃんと決勝ラウンドまで来れた訳なので、最後まで良い試合をして、もっと盛り上げて欲しいと思う。
もう一踏ん張りだ。


注1:日程的な日本優遇が言われているけれど、これは主催者の特権という物で、問題は無いと思う。
それが嫌なら、自国で主催すれば良いだけの話だ。

|

« Back to the Future | Main | 悔しいと思える幸せ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私を野球に連れてって:

« Back to the Future | Main | 悔しいと思える幸せ »